存命する英国人のなかでベス・チャトー(1923− )は最も知られた造園家であることに疑いの余地はないだろう。
チャトー夫人の夫アンドリューはエセックス州コルチェスターに約5エーカー(約6千坪)の果樹園を所有していたが、夫妻が移り住んだ
1960年には果樹園はすでに廃業し荒れ地となっていた。それもそのはず、エセックスでもこのあたりの年間降雨量は500ミリ前後、
冬は氷点下の日々も多く、夏の最高気温は摂氏30℃以上、なにをするにも条件が悪かった。土地は砂漠なみ、なのに湿地帯もある。
 
生涯の不作といっても言いすぎではないこの地で庭園造りをはじめたのは夫妻の強い意志と決断である。どんな土地にも
その土地に合う植物はある、人間が炎熱や極寒の地で生活しているように。ベス・チャトーの不断の努力は、植物が長年の
試練を克服し生命を得るがごとく結実した、39年の歳月をかけて。
ミズバショウ
ミズバショウ
 
ミズバショウとアイリスなど。ハウスはベス・チャトー夫人と夫アンドリュー氏がここ(コルチェスター)に
住みはじめた1960年代初めに建てられた。
エセックス州コルチェスター(Colchester)はロンドンの北東83キロ、人口10万4千人の決して小規模とはいえない
町である。ベス・チャトー・ガーデンのある Elmstead Market は市の中心部からA133で東へ6キロに位置する。
 
 
グラベルガーデン
グラベルガーデン
 
入口を入って右側はグラベル・ガーデン。グラベル(Gravel)は砂利の意。その名の通り砂利と砂がまかれている。
 
オリエンタルポピー
オリエンタルポピー
オリエンタルポピー
オリエンタルポピー
オオヒレアザミ
オオヒレアザミ
 
アザミのなかでもオオヒレアザミの葉は大きくトゲも相応に大きい。
キンレンカ
キンレンカ
 
金蓮花。葉や花をハーブとして食用に栽培される。葉はクレソンに似た味。砂利でも力強く生きている。
 
クワガタソウ
クワガタソウ
 
日本ではオオイヌノフグリの名で知られている。
 
アリウム
アリウム
ネクタロスコルダム
ネクタロスコルダム
ヘリアンセマム
ヘリアンセマム
 
ピンクの花ヘリアンセマムは土地を選ばず頑健、積雪の英国でも生き延びる。別名ロックローズ。
 
バーバスカム
バーバスカム
 
黄色の花バーバスカムは凜として、グレーの葉が自己主張している。ラベンダーも咲きはじめて。
 
サントリナとラベンダー
サントリナとラベンダー
 
5月下旬の開花のようす
 
サントリナとラベンダー
サントリナとラベンダー
 
6月下旬の開花状態。サントリナはラベンダーどうようハーブとしても庭のアクセントとしても栽培される。
特有の香りがするので防虫効果もあり、ドライフラワーにして屋内につるしたり、乾燥葉をきざんでポプリにしたりと
用途は多いが、薬草ではないので料理に使われることはない。
 
アリウム&アカエナ
アリウム&アカエナ
 
アリウムの下の白っぽいギザギザ葉はアカエナ。別名グースリーフ。
 
ダルメラ・ペルタータ
ダルメラ・ペルタータ
Beth Chatto's 1960s House
Beth Chatto's 1960s House
クロッカス
クロッカス
アガパンサス
アガパンサス
 
冬でも葉の枯れない常緑種と枯れて休眠する落葉種があり、これは常緑種。
 
アステルベ
アステルベ
 
赤紫がかったピンクの花はアステルベ
 
晩夏
晩夏
 
夏が終わりに近づくにつれてピンクの濃くなるアステルベ。スイレンは終期を迎えつつある。
 
晩夏
晩夏
 
晩夏のウォーターガーデンはある種の静寂につつまれている。
 
晩夏
晩夏
 
ボートも休息。
 
晩夏
晩夏
 
ことしの夏は暑かったというような風情。
 
初秋
初秋
 
秋が近づいている
 
初秋
初秋
レッドホットポーカー
レッドホットポーカー
 
レッドホットポーカー(Red Hot Poker)の名の由来は、燃えさかる暖炉を鉄の棒でつついて
引き抜いたとき、真っ赤になった棒に似ていることからであるという。
 
秋色
秋色
 
植物の色も変化し、空気の色も変化して。カラマグロスティス・アクティフローラの茂みが黄金色に輝く季節。
 
初秋のウォーターガーデン
初秋のウォーターガーデン
 
対岸のスティパ・カラマグロスティスの羽毛のようなふわふわ感が秋を感じさせる。