旅の快適さは観光客の少なさに比例し、ドライブの喜びは車の少なさと変化にみちた景観に依る。
ところが南イングランドのデヴォン州シドマスの夏は観光客は多いし車も多い。決して快適とはいえない環境のなかにも魅力はある。

イングランド南西部に位置し、ドーセットとコーンウォールに州境を接したデヴォン(州)の夏を紹介します。
オープニングは1955年以来の「シドマス・フォークウィーク」。8月初旬から1週間、シドマスで開催されます。

シドマス フォークウィーク
シドマス フォークウィーク
シドマス
シドマス
 
 
シドマス
シドマス
シドマス・フォークウィークは期間内に約700の多様なイベントが用意される。ワークショップ、ダンス、各種エンターティメント、
工芸活動、コンサートなど。
 
1955年、シドマス祭として民族舞踊をおこなったのが始まりで、その後海外からの出演も加わり、1986年以降は
シドマス・インターナショナル・フェスティバルに改称、毎年65000人以上が期間内に訪問。
1995年から若年層のワークショップが開かれ、若い演奏者を育てるネットワークも広がった。
2005年にシドマス・フォークウィークに改称され現在に至っている。
 
 
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマスの人口は約12000人だが、この1週間で延べ5倍以上にふくれあがる。
 
 
シドマス
シドマス
チャンスがあって生かすことができれば、うまくいくだろう。そして気分も明るくなるだろう。
シャッターチャンスも同じで、逃さず撮ることができれば気分もいい。
 
 
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
 
 
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
 
 
シドマス
シドマス
シドマス
シドマス
 
 
 
コッキントン ウィーバーズ・コテージ Weaver’s Cottage
コッキントン ウィーバーズ・コテージ Weaver’s Cottage
イングランド有数の保養地トーキー(Torquay)の西数キロにあるコッキントンはアガサ・クリスティが自転車で通った美しい村。
18世紀ごろ造られた茅葺き屋根が特徴。ウィーバー(Weaver)は機織り職人、かつてこの小屋に機織り職人が住んでいた。
 
 
ウィーバーズ・コテージ
ウィーバーズ・コテージ
現在の機織り職人の小屋は年中無休のティーハウス。コーヒー、軽食などもあって客足が絶えない。
 
 
コッキントン
コッキントン
ドラム・インという名のパブ&レストラン。ここも年中無休で、建築家サー・エドウィン・ラッチェンスが1936年に設計。
設計者はともかく、料理の味はよくないということで撮影だけ。
 
 
コッキントン
コッキントン
ダートマス パブ
ダートマス パブ
ダートマスの港から古くは十字軍、新しくはノルマンディ上陸作戦の英米軍の船が出航した。
 
そんな港町とは思えない可愛いパブがある。
 
 
Rosemoor RHS Garden
Rosemoor RHS Garden
ローズムーア・RHS・ガーデンの歴史は1988年、アン・ベリーから王立園芸協会=RHSに寄贈された8エーカー(9600坪)に
始まる。園芸協会はおよそ10年間で65エーカー(78000坪)に広げた。※RHS=The Royal Hortcultural Society※
ローズムーアはA386とB3227の交差するグレイト・トリントン村(Great Torrington)南部にある。
 
Rosemoor RHS Garden は2011年初夏に撮影。
 
Rosemoor RHS garden
Rosemoor RHS garden
Rosemoor RHS Garden
Rosemoor RHS Garden
Rosemoor RHS Garden
Rosemoor RHS Garden
Rosemoor RHS Garden
Rosemoor RHS Garden
リントン Lynton
リントン Lynton
北デヴォンの森のホテル。隠れ家。海と森の豊潤な香りが互いの調べを保ちながら混じり合う。
ひねもす野鳥とあそぶ。何も考えない。ただそれだけの日々。
 
 
 
Lundy Island
Lundy Island
北デヴォンから20キロ離れたランディ島は孤島と呼ぶにふさわしい。人口は最大28人で、主に監視員と海洋生物学者。
縦に約4.8q、横に約800mの小さな御影石の島。
 
交通は北デヴォンのイルフラコム(Ilfracombe)かビディフォード(Bideford)から船で渡る(2時間)。3月から12月の運航。
クローヴェリー(Clovery)からの日帰りも可(4月〜10月)。いずれにしても各港から週2〜5便のみの運航。
ほかに南ウエールズのスウォンジー(Swansea)から船で2時間。4月〜10月の運航。
 
ランディ島南西部・シャッターポイント(Shutter Point)までひたすら歩く。宿泊は貸別荘。慣れない人は日帰りが無難。
 
 
 
South  West Coast Path
South West Coast Path
サウス・ウェスト・コースト・パスはデヴォン州北部マインヘッド(Minehead)から海岸線をぐるりと巡って、
ドーセットのプール(Poole Harbour)に至る630マイル(約1000キロ)のウォーキング道。
 
全行程の踏破は日にちがかかるので部分的に歩くほかないが、美しい風景と野生動植物の観察を楽しむにはうってつけ。
 
South West Coast  Path
South West Coast Path
 
 
ダートムーアを走る
ダートムーアを走る
北イングランドのヨークシャー・ムーアは有名で規模もここより大きい。しかも北海に近いこともあって夏でも風は冷たい。
 
夏のダートムーアはどこかしらあたたかく、あっけらかんとしている。
 
 
ダートムーア
ダートムーア
ダートムーアはこの地を水源とするダート川(River Dart)と荒地ムーア(Moor)にちなんで命名された。
全域の標高がほぼ600m。大地からつきだしているのは花崗岩である。すなわちダートムーアは花崗岩の大地なのだ。
 
 
ダートムーア
ダートムーア
ダートムーアにいると遙か遠くに来たという感がわいてくる。遠くにいることはステキだと思えてくる。
大地は広い。空はさらに広い。都市部でそういう思いにひたることはない。
 
そこにいると、デヴォン州のカントリーサイドとロンドンやバーミンガムのような大都市を較べるのは意味がないと気づく。
東京や横浜と安曇野、美瑛などを較べるのは意味がないように。
 
 
ダートムーア
ダートムーア
中世の教会跡
中世の教会跡
 
ダートムーアには12ー13世紀ごろに建てられた教会跡が何カ所かあって、中世の名残をとどめている。
 
 
 
ダートムーア晩夏
ダートムーア晩夏
夏が終わりを告げ、秋が忍び寄ってくる8月半ば、ヒースの咲く荒野はうめき声をあげる。
ダートムーアをわたる風がこんもりした草陰にもぐり込み、苦しまぎれに出ようとするからだ。
 
そういう光景は北イングランド・ハワースのムーアと酷似する。異なるのはハワースほど寂寞としていないことである。
「嵐が丘」の舞台にふさわしいのはダートムーアではなくノースヨークシャー・ムーアだ。
 
ほどなく日は沈み、夏には似つかわしくない冷気があたりをおおうだろう。地表に明るさが残っていても。
 
 
ダートムーア
ダートムーア