源光庵は2011年11月30日午後1時過ぎ  法然院は2011年11月27日午後2時過ぎ


源光庵
源光庵
源光庵
源光庵
源光庵縁起によれば、1346年(貞和2年)、臨済宗大本山大徳寺2世徹翁国師の開創ということだが、1694年(元禄7年)、加賀大乗寺27世卍山道白禅師が源光庵の住職となって以降、曹洞宗に改まったという。
 
 
源光庵本堂
源光庵本堂
本堂から臨む庭。本堂創建は元禄7年。
 
 
二つの窓を横から撮影
二つの窓を横から撮影
二つの窓
二つの窓
11月26日(土)にも拝観したが、11月30日(水)は平日とあって混雑は若干マシだった。
 
 
悟りの窓
悟りの窓
その名がいつからあったのだろう。早稲田大学古美術研究会庭園班に所属していた1970年前後にはなかったと思う。源光庵自体、一般公開されていなかったはずだ。
 
 
迷いの窓
迷いの窓
角窓は迷いの窓と称されている。
 
 
享保4年(1719)建立の源光庵開山堂。
 
 
迷いも悟りも果実がなければ通りがかりの縁なき衆生ということだろうか。
 
 
源光庵
源光庵
 
 
 
 
法然院
法然院
苔屋根と紅葉、周囲の木々の調和にシャッターを押し続けたということで、法然院の画像はすべてこれです。
 
 
11月27日(日)は紅葉も人出も全開。訪れる人のまばらな時期に行けば、森閑なるひとときを満喫できたろう。次回はオフシーズンにぜひ、HK殿。